世界一やさしいデザインインストラクター

PCやスマホで日焼け!?防ぐ方法もゲット!!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

11月/第2弾
“ツナがるマルシェ” オンライン講座に参加しました〜♪

今回の講座は
『オンラインで日焼け!?原因とそれを防ぐ方法を知る講座』でした

 

きぃ
きぃ
なんと!
PCやスマホで日焼けしちゃうんだって!!
え!?
知らないうちに顔がシミだらけになっちゃう!?
ツナ美
ツナ美
きぃ
きぃ
なんて怖い現実・・・
ツナ美ちゃん、知ってた?
知らなかった〜
今まで、ジャンジャン浴びてたよ〜〜
ツナ美
ツナ美
きぃ
きぃ
これは絶対、知っておきたい内容だね!

 

講師は
Web集客の専門家:宮城島一未さん
第一印象を変える専門家:仲澤佳子さん

2人のプロの知識を教えてもらえる、目からウロコ講座でした☆

興味深い内容だったので
この講座で知った情報を、自分なりに(更に)調べてお伝えします!

 

 

“ブルーライト” が悪さをする!?

 

“ブルーライト” とは、太陽光に含まれている青色光のことです

実は、私達の生活の中に “ブルーライト” めちゃめちゃ使われています!

・パソコン
・スマートフォン
・テレビ
・ゲーム
・LED照明
など

私達の生活は “ブルーライト” に囲まれていると言っても過言ではありません!

 

きぃ
きぃ
この “ブルーライト” が悪さをするんだって・・・
便利になった副作用的なものなのかな〜?
ツナ美
ツナ美
きぃ
きぃ
副作用なら、理解して上手に付き合っていく必要があるね!
じゃあ、体への影響も知っておこう☆

 

 

ブルーライトの体への影響

 

“ブルーライト” は、体内時計に影響を与えると言われています

先程もお伝えしましたが…
“ブルーライト” は太陽光に含まれた色になります

・・・っという事は!
寝る前にパソコンやスマホを見ると
脳が「朝だ〜!」と判断して眠れなくなってしまい不眠症に繋がってしまいます

 

そして、自律神経が乱れてしまう。。。

自律神経が崩れると
・頭痛
・めまい
・精神の病
など

身体に良くない影響が出てしまいます

 

 

ブルーライトで肌が老ける!?

 

きぃ
きぃ
恐ろしいね・・・
ブルーライトってそんな影響があったなんて…
知らなかった〜(泣)
ツナ美
ツナ美

 

そして、お肌にも悪い影響を与えてしまいます!!

ピンクのところが、お肌です↓

 

日光の紫外線は“表皮”までの浸透ですが…
ブルーライトの紫外線は、なんと!“真皮”まで届いちゃってる!?

日光よりブルーライトの紫外線の方が、お肌の奥まで届いてる!
そして、そこまで届くと『シワ』や『たるみ』にまでなってしまうかも…って事です

 

きぃ
きぃ
なんてこった。。。
これを、防ぐにはどーしたら。。。(泣)
ツナ美
ツナ美

 

 

“ブルーライト” からお肌を守れ!やるべき事は2つ!!

1. 『日焼け止め』を塗るべし

 

とにかく、お肌を守るには
『日焼け止め』を塗りましょう☆

外に出る予定もなく「今日はお家でパソコ〜ン♪」の日でも
とにかく、『日焼け止め』を塗ってお化粧バッチリする事をオススメします!

 

 

2. パソコンやスマホの設定を変更するべし

 

パソコンやスマホは
『夜間モード設定』にすると
ブルーライトを抑える事が出来ます☆

 

設定変更の仕方はコチラ↓

 

【パソコン/mac】
アップルマーク→システム環境設定→ディスプレイ→Night Shift→スケジュール設定→※お好みで、色温度(画面の色)調整も出来ます

【パソコン/Windows】
設定→システム→ディスプレイ→夜間モード(オンにする)→夜間モードの設定(スケジュールや色の設定)→『今すぐ有効にする』ボタンをクリック

 

【スマホ/iPhon】
設定→画面表示と明るさ→Night Shift→スケジュール設定→※お好みで、色温度(画面の色)調整も出来ます

【スマホ/Android】
設定→ディスプレイ→夜間モード(オンにする)→夜間モードの設定(スケジュールや色の設定)

 

 

きぃ
きぃ
これで少しは安心してPC作業ができる〜♪
スマホも安心して見れるね〜♪
ツナ美
ツナ美

 

 

最後に…

 

今は、子どもでもスマホを持っているのが当たり前の時代。。。
学校でもPCやタブレットでの学習も始まってきたりで
“ブルーライト” にさらされていく時代です!

子供の健康を守るのが私達大人の役目☆

まず、自分…
そして、家族・お子さんを守っていきましょうね♪

 

※ブルーライトは、目にも悪影響を与えると言われています
PCやスマホを見るときは、ブルーライトカットメガネを使用する事をオススメします
特に、学校でPCやタブレットを使用しているお子さんは長時間ブルーライトを浴びている事になるので必要ですね

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© kii-bow , 2021 All Rights Reserved.