Step by ビジネス〜私らしい働き方〜

子育て卒業

2022/01/10
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

私には、大好きな息子が1人います

只今、大学受験 真っ最中だったんですが…
無事 希望大学に合格しました☆

本人の希望の進路に進める事は、本当に嬉しいし
“おめでとう” と心から思います

その反面
「もう子育てが終わったんだな。。。」と
なんとなく、子育て卒業も実感してきました(泣)

 

今回のブログは
そんな『子育て卒業』のお話しです

 

 

【お耳をはいしゃく♪】
『音声ブログ』もよかったら聞いてみてね☆
(注:内容はこのブログと同じです)

 

 

楽しかった『子育て』

 

私にとっては『子育て』はメチャメチャ楽しい時間でした

私は、子どもの時の夢が
“自分の子どもに会いたい”
というモノでした

だからか、息子との時間は
幸せな楽しい特別な時間でした♡

 

 

懐かしい・・・
私も、若い(笑)

 

 

『子離れ』で悩む日々

 

息子が小学生高学年に差し掛かった頃
浮上した悩み・・・

それは『子離れ』!!

周りのお母さん達の話によると
10歳くらいから『子離れ』の時期らしい。。。

 

でも、「大好き」って思ったら「大好き」って伝えたいし
ハグしたいと思ったら、ハグしたいし
一緒にいる時間、めちゃ楽しいし…

『子離れ』ってナニ!?
『子離れ』ってどうやってするの???

『子離れ』ができない私は
息子にとって良くないお母さんなのかもしれない(泣)

 

そんな時期が8年くらい続いて
今に至るんですが・・・

結局、『子離れ』出来なかったって事ですね(笑)
今も、ずっと大好きのまま。変わりませんでした・・・

 

 

私的『子離れ』の正解

 

ある時、読んでいた本に
長年の『子離れ』の悩みに対する解決の糸口になる言葉を見つけました

それは
“人には『親離れ』の本能は備わっているけど
『子離れ』の本能はありません
だから『子離れ』は自分の意思でやらなければいけない”
という事。。。

 

本来、人間の寿命は
今のように100歳まで生きるという事はなくて
子どもが『親離れ』した頃には寿命がきて自然にお別れになるから
『子離れ』という本能は必要がなかったんだそうです

 

これは、私にとってスゴく衝撃的で
今まで『子離れ』が出来ない自分を責めていた私には
なにより救いの言葉でした

 

だったら、無理に『子離れ』する必要ないんだ!

「大好き」って思ったら「大好きだよ」って伝えてもいいし
ハグしたいって思ったら、ハグしてもいいんだ〜〜♪

メチャメチャ心が軽くなりました☆

 

ただ、やっぱり『子離れ』は子どもの為には必要な事です!
そこで私的、ベストな『子離れ』方法を考え出しました

それは
『子育て卒業』= 『自分育ての始まり』という事

これって一石二鳥…
いや、一石三鳥…四鳥 にもなる考えだと思います

 

だって、自分が成長していくという事は…

・自分が成長する事への喜びを味わえて自信がつく
・自分をもっと好きになる
・お母さんがイキイキと自分の好きな事をしている姿を見たら、子どもも嬉しい
・家に帰って来た時に、奥さんが笑顔だと旦那さんも嬉しい
・社会貢献が出来て、自分の働きによって喜んでくれる人がいる

などなど、いい事だらけ☆

 

 

自分育ての始まり

 

私的『子離れ』の正解は、このような考えに辿り着きました

今から、本格的
『自分育ての始まり』です☆

 

でも、今までの悩んでいた時期もムダではなくて…
自分なりにあがいて、スキルアップをしてきた時期でもありました♪

同じように “起業” を頑張っている素敵な方達とも出会えたし
自分の周りにいる、息子や旦那さんや友達の優しさにも気づけました

 

今まで何故か、足踏みをしている状態だったけれど
息子の “大学合格” をきっかけに
『覚悟』みたいなものが湧いてきて

これから
ガンガン ズンズン 進んで行きますよ〜

 

新たな挑戦をしていくって
ドキドキ するけど
ワクワク もします♪

 

これからは
自分の成長の為にも、後に続く方達の為にも
もっと “起業” の足跡を発信していくので
少しでもお役に立てたら嬉しいです

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© kii-bow , 2021 All Rights Reserved.